essayな毎日

日々の生活の中で見つけた小さなessay...北海道の空の下より

7年生進級

2007年11月12日そしてもうすぐ12月5日!

あの日のことは忘れたくても決して忘れられない・・・・・。

詳しくは2008年12月14日の私のブログを読んでみてくださいね。

あの頃、高校受験を控えた長男も今は大学3年生・・・もうすぐ、就活もはじまります!
中学1年だった長女は専門学校1年生・・・宿題やら課題に四苦八苦しています(笑)
小学5年生だった次女は体調も回復して彼女らしく高校生活を楽しんでいる!

夢にも想像できなかった未来が今、この目でしっかりと見ていられることが幸せです。

今でも、来年の今頃は生きているか・・・確信は持てないけれど半年先くらいなら生きているだろうと思うことが出来ます!

がん闘病と言う大事件に巻き込まれた私は、はじめは、それはそれは、落ち込みもしたけれど・・・・


それを遥かに超えるキラキラとした感動に出会えたり、

真っ暗闇の緊張感に包まれた時間もあったけど・・・

なんか、本当に変なんだけど、がんになって良かったかもって思えちゃう私って・・・きっと、まわりのひとに恵まれているんだなって心から思う!!

今の医学では完治は難しいステージ4の乳がん・・・それでも、今、どこも痛くないし、薬の副作用もほとんど感じない極々普通の日々・・・。ただ、薬を飲み、毎月の注射、診察・・・・これから、開放される日はこないのだろか・・・

でも、仕事も出来て、子供たちも元気で、主人も協力的で、趣味もしっかり楽しんで、毎日を過ごしている私は とっても恵まれていると思う・・・。

主治医の先生と6年間の時間を過ごしてきて感謝の気持ちでいっぱいです。

ステージ4の乳がん患者の私は、この先も先生と一緒にがんと付き合って生きて行きたいと思っています。

スポンサーサイト
別窓 | 乳がんについて | コメント:4 | トラックバック:0
∧top | under∨
| essayな毎日 | NEXT