essayな毎日

日々の生活の中で見つけた小さなessay...北海道の空の下より

水汲みドライブ

なぜ水を汲みに行くのか…

それは私がガンになってからいろんな本を読んだりして、出来るだけ自然水を飲もうと考えたからです。


今日も18㍑ポリタンクに4個、ふきだし公園の水を汲んできました。


いつもは主人とふたりのことが多いけど、今日は次女も誘って三人のドライブです。


疲れやすい娘のために愛車のステップワゴンの後ろの座席を倒して布団を敷いて寝れるようにしていったのですが…
予定通り次女はほぼ寝てました
赤ちゃんか

帰宅してから「ママ、そういえば水汲んだの?」…そうです、チビは私と旦那が寒い中、せっせと水汲みしてるときも車の中でぐっすり寝ていたのです


札幌→中山峠→京極町の道はほとんど溶けてベチャベチャ濡れた状態。

凍結はしてなかったから、もうすぐ春だなぁって感じました



それでも山や畑はまだまだ雪で真っ白

ん~好きだな、この景色
ピーンと引き締まる冷たい空気、胸いっぱい思いっきり深呼吸肺もリフレッシュ


ドライブに出発する前に洗車したのだけど、帰宅してからまた洗車まぁ、春はこの繰り返しだね




最近、寝る前にふきのとうのCDを聴いてます。懐かしいなぁ♪
北海道出身のフォークデュオ

♪春雷とか♪風来坊が流行っていた頃は私は小学校の六年生位だったかなぁ


人間て基本的なところは変わらないんだな。。今でも好きだから…
スポンサーサイト
別窓 | おでかけについて | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
| essayな毎日 | NEXT