essayな毎日

日々の生活の中で見つけた小さなessay...北海道の空の下より

いろいろ考えました

今日は1日家にいて、いろいろ考えてました

昨日見たニュースによると国民健康保険いわゆる国保の保険料は自治体によってちがう、それもかなりの差があるのです
そこで私が住む市役所と隣の市役所に電話で問い合わせてみました。

例えば

夫婦共40才以上…これは介護保険分が必要…

子供が三人

年収500万円くらいでおおまかに計算してもらったところ差額は年額8万円くらいありました

国保は12回に分けて支払うとすると月に換算すると6000円くらい支払額に差があるということです
住むところによってこんなに差があるのはちょっと困りもんですね~

もし、今度引っ越しを考えるなら事前に確認したほうがいいなって思いました。多分死ぬまで国保のお世話になるわけだし…

でも、国保が安くなっても持ち家があると固定資産税があがればトータルで同じってこともありえるか難しいね。




簿記検定でも勉強しようかな…

主人の会社のにわか経理社員の私…開業して13年も経つのに満足に帳簿もつけられません税理士任せではなく、きちんと経理を極めたい今までになくやる気満々の私

でも、振り返れば私がやりたくない、嫌いと、思ったことばかり、やる羽目になってることに気づきました。

コンピューターなんて必要ないワープロより手書きが早いわ

経理なんて無理数字みただけで頭痛ーい

サラリーマンと結婚したい…実家は自営業だったからサラリーマン家庭に憧れていた。

こんなことを思っていたのが、毎日のようにパソコンに向かい、ブログまでやってるし、

経理はやらなくてはいけない状況になり、

結婚したときはサラリーマンだった主人は数年後脱サラして会社をはじめたし


おまけにガンになるなんて、聞いてないよ~

確かに年はとりたくないって言ったけどさぁ~

人生って思いも寄らないことが待っているものですね。

だから、今を大事にします。
スポンサーサイト
別窓 | 日常生活について | コメント:12 | トラックバック:0
∧top | under∨
| essayな毎日 | NEXT