essayな毎日

日々の生活の中で見つけた小さなessay...北海道の空の下より

帯状疱疹で入院してました。

お久しぶりの更新になりました!

なぜかというと、入院していました。。。

7月1日に退院して、血糖値もコントロールされていますし、肝機能も正常、まあ、腫瘍マーカーは下降してきているものの正常範囲には程遠いのですが、体調は決して悪くない!!

そんな日々が続いたのですが、19日太ももがヒリヒリしてスカートが擦れても痛い!!おしりも痛いし、整形外科にいくべきか、皮膚科に行くべきか迷っていたのですが、とりあえず皮膚科へ。
近所の皮膚科の先生は原因がわからないと💦まだこの時は発疹が出ていなかったからかな…。

20日の夕方にふと気づいたのが足の甲に赤い発疹が💦あ、これは、帯状疱疹か?と思い、仕方がないので21日はいつもの病院に外科の診察があったので、その日に早めに行って改めて皮膚科と整形外科を受診。もしかして坐骨神経痛かもしれないと思っていたので整形外科では先日撮影したCTを見てその心配はないとのこと!こういう時は総合病院って写真を共有できるからいいよね。

そして、皮膚科へ。以前からお世話になっている先生が一目見て、帯状疱疹に間違いない!とのこと。
入院する?と聞かれ、土曜日から今日水曜日まで入院してきましたのでした。

完治したわけではないのですが、発疹も落ち着き、1っ週間の予定だった入院予定よりかなり早く退院してきました。

今回の入院では7階の病室の窓側だったので札幌の夜景が見られて退屈しなかったです。やっぱり、ネオンはいいね!(笑)

スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

入院生活第2弾

退院して早4日経ってしまいました。

今朝も愛犬いとちゃんのお散歩行ってきました。

我が家は右を行っても左を行っても真ん中行っても坂の下にあるので(;´・ω・)歩き出すと必ず上り坂‼‼

いとちゃんは4本の短い(笑)足で、ちょこちょこ頑張って歩きます。ぺしゃんこの鼻であっちこっち匂いを嗅ぎながら(笑)。

暑くなる前に出るのですが、やっぱり陽射しが出るとじんわりと汗が💦

大体20分から30分くらいのお散歩です。

帰宅すると、いとちゃんは真っすぐお風呂へ行って足を洗ってもらうのを待っているという、おりこうさんです(笑)

そしていま、冷たいフローリングにだらーんと横になり、お昼寝中です。



そうそう、入院中のことを書かなくては💦 


(^∇^)ノおまたせしました

糖尿病と言っても、私の場合、父親が糖尿病という因子はあるにせよ、きっかけはアフィニトールの副作用での高血糖。

だって、原因になるような暴飲暴食や過度の飲酒どころか、全く飲めないし、いきなりぐーーーーーんとあがるなんて考えられなかったの。

自分の膵臓からちゃんとインシュリンが出ているのか、出ていないのかを3日間尿を貯めて調べる検査では、自力でちゃんとインシュリンが出ているとわかり、一安心したのですがそのインシュリンがきちんと働いていないことで血糖値がどんどん上がってしまったのでした。

そこでインシュリン注射をして、まずは血糖値を下げるとのこと。

強制的に下げるってことです。

食事は1日1440キロカロリーで計算されているので、しっかり完食して、毎日毎食前に血糖値測定を記録していくと、少しづつ下がっていくことが目に見えて嬉しかったです。
ヾ(o´∀`o)ノ
世間では、糖質オフとか言われていますがインシュリンを打っているときは炭水化物(糖質)は残していけないんです!低血糖になってしまう危険があるので!!((((;゚Д゚)))))))

低血糖症状は、血糖値が70以下になると、冷や汗が出てきて、指先がしびれてくるというか力が入らないなどの症状が出てきます。そんな時はブドウ糖を摂取するようにいつも持ち歩くように言われています。

20日に入院して、インシュリン注射は28日まで続き、29日からは飲み薬に変更。そして、7月1日に退院。

12日間の入院生活、楽しかったです。+゚。*(*´∀`*)*。゚+

優しい先生と(#^.^#)、看護師さん(#^.^#)と、同室の患者さんに恵まれました。♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪




別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

退院しました!! 入院生活第一弾

こんにちは。

6月20日に、入院し、7月1日に退院しました!!

2週間の予定でしたが、思ったより経過が良くて、早めに退院できました。

今回の入院は乳がんの薬アフィニトールの副作用で血糖値が急上昇💦外科から代謝内分泌内科へ移動して、専門の先生に診ていただくと、とにかく高血糖をインシュリンを使ってグーンと下げる必要があるとのことで、入院を勧められたのです。

入院するとそれはそれは忙しい入院生活が待っていました。(笑)
大体初めの1週間のスケジュールはこんな感じでした。

6時 起床 体重測定…高血糖になってから7キロ減った体重は入院中もちょっとづつ減り続けましたが、今後が心配(笑)
        血圧測定…血圧はいつも、上が90以下、下が50前後です。
        体温測定…36度前後💦もっと体温上げたいな。

7時半   血糖値測定…指先にバチン💦と針を刺し、血を出して血糖測定器に血液を吸わせて、
       3秒待つと血糖値が出るのです。最高に高い血糖値は370でした。最低は73・・・低血糖症状が出ました。
       正常と言われる血糖値は110以下70以上です。
 
8時     インシュリン注射
       朝ごはん

9時     運動療法・・・ストレッチをして、エアロバイクを漕いでました。

10時    糖尿病教室・・・糖尿病とはどういう病気なのか?おべんきょうするのです(;^_^A

11時半   血糖値測定

12時    インシュリン注射
       お昼ごはん

13時    糖尿病教室
 

16時    シャワー・・・毎朝ホワイトボードに自分で記入して、希望時間を大体16時ごろに予約していました。

17時半   血糖値測定

18時    インシュリン注射
       夜ごはん
    
21時    血糖値測定

21時半  インシュリン注射
       消灯
     
始めの1週間は忙しくて💦こんな入院生活初めてでした。病棟をあっちこっち万歩計を付けて歩き回って1日5000歩以上は歩きました(笑)

この続きは次回へ続きまーす。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

またまた、手違いで(;´・ω・)

11月にアップしたばかりの、

ブログ復活の巻!!  

本文を間違って削除してしまいました。。。。なんて、ドジな私。

何を書いていたかも、ろくに覚えていないけれど、

なぜ、更新作業が滞っていたのかの理由を描いていたのではないかと思います。

え、その理由ですか?

手違いです。 機械って便利だけど怖いね(笑)
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

めちゃくちゃ多忙な一ヶ月

みなさま、お久しぶりです。
いつものことですが・・・・。

実は5月の中旬父の兄・・・つまり私の伯父さんが亡くなったんです。
肺気腫で、約一年の入院生活を送っていて、数日前に母に、伯母から主治医からあと2、3日だと言われたと電話がきたからと、人工関節の手術で入院中の父がいけないので、母と妹と三人でおじさんの病室に会いに行きました。
すっかり痩せてしまった伯父さんでしたが、声は出なくても反応はしっかりしていて、自分の力で手足を動かしていたのでまだまだ力強く感じて、昼過ぎに帰宅したんです。
その日の夜10時半過ぎ、伯父の息子からラインが届きました。
容態が急変したので病院に向かう・・・・・。
その後、15分過ぎた頃、伯父さんは亡くなりました。あんなに、力強かったのに、びっくりしました。



次の日、母と妹が伯父の遺体が安置されている斎場にいってお参りして帰宅後、母が救急車で運ばれたと電話が来ました。

なんと、心筋梗塞の疑い!!救急車に同乗した妹は心電図の波形を見て弱々しく感じて、このまま死ぬのかと思ったそうです・
その日から母は心臓血管の専門病院に転送され・・・・・・・。

その次の日・・・

父が一時外泊して、伯父の顔を見に行きたいとのことで、整形外科から父を連れてきて直接斎場に行き、伯父に、手を合わせ、伯母と甥っ子たちに話しをし、帰りに床屋に連れて行き自宅へつれていき、妹と協力して入浴の手伝いやら食事の準備やら、それはもう大忙し。なんせ、人工関節の術後まだリハビリ中だし杖を使っても、はらはらドキドキ気が気じゃないので、大変でした。
次の日、病院に戻ってホッとしてしまう娘でした。

母は、結局カテーテルでステントを一箇所入れる処置をしました。虚血性心疾患、心室細動、不整脈との、診断でした。
普通はカテーテルで処置をした次の日でも、退院する人がいるのですが、母はカテーテルを入れた腕の血管から内出血があって右腕の広範囲が紫色に変色してしまい、腫れも、酷かったので結局1週間の入院でした。

この間に私と主人が伯父の葬儀に参列してきました。父はなんと11人兄弟なのですが、すでに、姉や妹が亡くなっていたり、弟たちも病気で歩けない人もいたり、事情があって音信不通の弟がいたりで、結局葬儀に参列した親族席には伯父の兄弟よりも私たちのように伯父から見て姪っ子甥っ子たちのほうが多い・・・。そんな私たちも50前後の中年!いつの間に歳をとっていたことを改めて実感。


そうそう、今は両親ともに退院しています。妹は同居なので、私は週に2回ほど行って、お風呂の手伝いと食事つくりをしています。
母は退院してから3キロ増えました。と、言うことは、食事管理が全く出来ていない状態だったということです。父が入院してから1ヶ月間まともな食事はほとんどしていなかったと言うことが分かりました。二世帯同居といっても、キッチンもお風呂も別々で食事も作ったりしていなかったそうで、すっかり、低栄養状態・・・・なので、血管ももろくなっていたのでしょう。
糖尿病がある父のこともあるので、食事は大切なので、私が食事の面倒を見ている状態・・。

そんなこんなで、色々と、多忙ですが、私は元気です・!!

 以上、近況報告でした。





別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| essayな毎日 | NEXT